スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こえでおしごと

久しぶりです、Irisです。


つい先日のことですが、3DSを買いました。しかしソフトは何も買ってません(←じゃあ何故買った?)

なにかオススメのソフトとかないですかね・・・? オススメがあったら教えて下さい。

一応、秋に発売する遊戯王のゲームは買うつもりです。


それでは早速本題。

先月、私が好きだった漫画、『こえでおしごと!』が10巻で完結してしまいました(泣)
こえごと

『こえでおしごと』は、女子高生はエロゲの声優をやるという内容の漫画で、2回ほどOVA化されています。

私は、去年の春にこの漫画を知ってそれから買い始めましたが、個人的に非常に面白い漫画です。

エロゲ声優ってどんなんなのかなーって思ってる人には是非読んで欲しいと思います。


今回は(も)短いですが、以上です。

今月は、全然更新できませんでしたので、来月は頑張りたいと思います。


では


Iris
スポンサーサイト

リアル妹がいないNanahuseくんのばあい

こんにちは、Nanahuseです。
最近あった嬉しい事
アニメなんて全然知らなそうな年上の人と会話していたらひょんな事からアニメとかの話題になって、何故か『ef』の話題になって、最終的には『eden*』の話題にまで到達したこと。
山も、オチもない話ですがものすごく嬉しかったんで(´∀`)
人は見かけによらないとは言いますがどんなひとがそういうゲームやってるかわからないものですね
気が付かないだけで類友だったのかもしれませんが(笑)


さてさて、そんなこととは関係なく、今日の話題は『リアル妹がいる大泉くんのばあい』です。
ALcot ハニカム 『リアル妹がいる大泉くんのばあい』 応援中!ALcot ハニカム 『リアル妹がいる大泉くんのばあい』 応援中!ALcot ハニカム 『リアル妹がいる大泉くんのばあい』 応援中!

最近Irisが購入したってブログに書いてましたが自分もやらせて貰いました。

リアル妹、二次元妹、友達の妹という三大妹?が登場するこの作品。
自分は特に妹萌えではないつもりだったけれど正直そのまま妹萌えに突っ走ってしまうんじゃないかと思いました。
 妹達カワイすぎる
さすが、『妹と共に生きるADV』を自称するだけあります。
シナリオは短めですが内容はいい感じ。
妹ゲーやりたいな、って思ったらこれがおすすめだと思います。

Nanahuse

ネタバレありなレビューとかは『続きから』どうぞ

「あきばはら」って言っちゃうことない?

久しぶりです、Irisです。

昨日、やっと、『いろセカ』の1ルート目を終わらせました。加奈ルートをやりましたが、「普通~まずまず」かな?概ね満足です。続きが気になるので一気にやりたいのですが・・・忙しい(泣)



それでは、今日の本題に入りたいと思います。


先日、友人と西武ドームへの野球観戦のついでに、秋葉原に行ってきました!

実は、秋葉原に行くのは人生初でした。

行ってみた感想を申しますと・・・ちょっとだけ拍子抜けしました。期待しすぎたんですかね・・・? (大手が密集した○須みたいなもんやん、なんて思ってしまったのは内緒)

ですが結構楽しかったです。いろんな店で中古のPCゲームを見て、高いだの安いだの思いながら何も買いませんでした(笑)

一応PS3のゲームを1本買いました。

それは・・・

超次元ゲイム ネプテューヌ です!!

超次元ゲイム

今期アニメやってる作品です!詳細はこちら

それでですね、なぜこのゲームを買ったかと言いますと・・・、前日、野球を観たあと、池袋で一泊したのですが、その時、友人と飲みながら、TOKYO MXで放映していたアニメをあーだこーだ言っていた時に、たまたまやっていたのが、このゲームのアニメでした。

アニメ自体結構面白く(私はアニメに関しては何を見ても面白いと答えますが)、キャラも可愛かったので、原作何かなーと思って調べてみると、PS3のゲームでした。(よくわからんけど、友人はコンパイルハートwwwワロスwwwって言ってた。ぷよぷよファンとして何か思うところがあるみたいです。)

んで、次の日にアキバのトレーダーで見つけ、友人にも強く勧められたので買っちゃったという訳です。

あと、このゲーム、ゲームもアニメも主題歌をnaoさんが歌ってるのですよねー。これも購入に踏み切ったポイントです!



ネプテューヌの話題はここまでで、もう一つ、TOKYO MXでアニメを見ている時に気になったことが。

それは、門脇舞以さんが今期、2作品もメインを張っているということです!

(『幻影ヲ駆ケル太陽』と『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の2作品です。)

わたしは、門脇さんのファンなので非常に嬉しいです!



今日の更新はこんな感じでしょうか。更新ペースが落ちてるので頑張りたいです。

では



Iris

They were only two, on the planet

お久しぶりのNanahuseです。

ちょっとお盆期間はバタバタしていた所為で全く更新できなくて申し訳ないです(´・ω・`)
というか、ちょっと振り返ってみたら俺個人の最後の更新は7月30日……
特別企画とかを書いたりしてたんで更新した気になってましたが全然更新してないですね(´Д`)
お盆が終わって少しは暇になったと思うので更新ペースを上げていきたいところです。


――なんていうどうでも良い俺の決意なんておいておいて


今日はちょっと昔のゲームの紹介でもしたいと思います。
今回紹介するのはこちら
どんっ!!
eden_400x400a.jpg

『ef』などが有名なminoriが2009年に発売した作品、『eden*』です。
この作品は選択肢なしの一本道シナリオ。
SFとかライトSFとか分類される内容です。
長さはやや短め(プレイ時間は8時間くらい。オートプレイを最速にして声だけを聞いて6時間くらい?)ですがそれのお陰でだらだらしておらず引き締まっているように感じます。
頑張れば一息でプレイできます。

と言うか、シオンがカワイすぎる。
あれはずるい、というか多分いままでやったゲームの中でもトップを争うくらい好きなキャラです。
このブログの更新とかプログラミングとかに使っているこの作業用PCの背景はシオンですし(^^ゞ

シナリオは世界観やキャラクタを大事にしたもので個人的凄く合いました。
エンディングではゲームをやってて始めて泣いてしまいました。



演出面は凄いというか、素晴らしいというか、エクセレントというか
正直、褒める部分しか見当たりません。
立ち絵を使わず、変化するCGを存分に使っているところはあまりに綺麗。
些細な部分の演出にも気を使っていることが分かる良い作りです。
天門さんによる音楽も耳馴染みよく、作品の雰囲気を盛り上げています。

"ゲームをしている"というよりはむしろ紙芝居やコマ割りのアニメ、いや、それこそ映画を"鑑賞している"という感じです。
主人公を含めてフルボイスなのがそれを増しています。

2人きりの世界での恋物語。
題材としてはありきたりで展開を予想しやすくつまらないと思う方が居るかもしれません。
けど、そんなことはありません。
演出や音楽に支えられてシナリオの世界観が強調され素晴らしい作品になっています。
様々な面で美しい作品です。

制限改訂

こんにちは、Irisです。

先日、友人の家に行って、久々にTCGをやりました。現在は周りにやってくれる相手がいないので、友人が帰省したときしかできないんですよ。久々に、カード熱が上がってきました。


ということで、今日はTCGの話題でも。

私は現在、WS(ヴァイスシュヴァルツ)遊戯王を一応やっているというのは6月あたりの記事で書きました。(遊戯王に関しては、要らないカードは全部友人にあげてしまって、もうデッキしか残っていない状態、つまり半引退状態です。WSは、まだまだ頑張る・・・というつもりでしたが半年以上大会に出てない状態。大会に出ようかと思ってた時期もあったのですが、ずーっと忙しく、なかなかやる時間が取れない状況です。両方とも全然プレイしていませんが、関心はあります。)


それで今日は、カードゲームの大きなイベント!?である、制限改訂について書きたいと思います!!

WSも遊戯王も、年二回の制限改訂があり、9月と3月にあります。9月の制限改訂(のフラゲ)に関しては、両方とも8月中旬に公開されます。

WSに関しては、昨日、制限改訂のリストか公式で公開されました。内容をざっくり言うと、環境2トップである、Rewriteディスガイアが規制され、ハルヒゼロの使い魔が緩和されました。非常に良改訂だと思います。これによって、どのデッキにもチャンスが生まれました。一応、個人的な見解だと、まどマギABが環境の上位にくる予感がします。

Rewriteの【ちはやチェンジ】組み直さなきゃ・・・。



遊戯王ですが、まだ制限フラゲは来てません。前回2月の時は確か、11日にフラゲが出て、やけに早いなと思った気がするのですが、今回は15日になってもフラゲが来ませんでした。

毎回のフラゲは楽しみにしているので、まだ来ていないのにイライラ?しているIrisですので、今日は、2013年の9月改訂の予想でも書いてみたいと思います。


【遊戯王】2013年9月 制限改訂予想

〈新禁止〉
魔導書の神判
子征竜のすべて

神判が言うまでもなく害悪。征竜は規制を止むを得ない中で、どれかの征竜だけということは考えづらい。ブラスターは強いけど。ということで、プロモで今後のパック販売に影響が少なそうな子征竜全部ということで・・・という感じです。

〈新制限〉
アビスフィアー
深海のディーヴァ
トリシュ
ロンファ

アビスフィアーにしても、ディーヴァにしても、デッキから出すのはいかんでしょ・・・と言いながらロンファを入れる俺。トリシュは願望。

〈新準制限〉
天キ
黒い旋風
ベストロウリィ
TGストライカー

天キは制限でもいいくらい。BFと剣闘はもう許してもいいでしょ。TGストライカーも。


〈新無制限〉
ライオウ
月読命
高等儀式術

ライオウは前回が謎だから。高等儀式術は儀式は流行っていないし、緩和しても問題ないと思う。バニラとの相性もいいし。



・・・という感じです。アレですね、どっかのフラゲもどき(笑)の影響を受けまくってますね、すみません。マーメイルに厳しいのは、身内で散々やられたからです。私怨乙ですね、わかります。


今回は以上です。普段はPCゲームについて書いているので、TCGに興味がない人は、すみませんでしたm(__)m

次回は、『いろセカ』について書けたらいいなぁ。全然進んでないので進めなきゃ。


では


Iris

nao

こんにちは、Irisです。


10日から世界陸上が始まりましたね。私は特に興味はないのですが、はい。


そういえば、札幌行った時にあるゲームを買いました!

それは・・・

『リアル妹がいる大泉くんのばあい』
ALcot ハニカム 『リアル妹がいる大泉くんのばあい』 応援中!

です!(今回は面倒なので、写真はなしです。)

(公式サイトはこちらから→http://www.h-comb.biz/product/03/index.html

昔から気になっていたのですが、遠征先で見つけたので、今回はミドルプライスで、かつ廉価版が出ているということで新品を買いました!

このゲームは、ALcotハニカム さんから2010年に発売されたもので、ハニカム2作目、つまり偶数作です(←これで分かる人いるかなぁ)。ちなみに4作目は、Nanahuseが好きだという『キッキングホース★ラプソディ』です。

内容は、タイトルで容易に想像つきますが、妹ゲーです。実妹ゲーです。はい。

いつやるかはまだ決まっていませんが、適当にやりたいと思います。

あー、積みゲーがどんどん増える・・・(泣)

明らかに買っている量の方が多いですよね。分かっています、はい。一応、これから買う予定があるのは、新作だと『ものべの -happy end- 』だけで、旧作は、『カタハネ』『そして明日の世界より――』『君の名残は静かに揺れて』だけですから・・・(泣)



っと、話が脇に逸れましたが、本題に入りたいと思います。

札幌のアニメイトであるCDを買いました。それは・・

nao さんの『first Re:Place』です!

nao 1st

naoって誰やねん?っていうアナタ。私が簡単に説明しましょう。

nao さんは、アニメのレールガンのオープニングの「only my railgun」などを歌っていることで有名な、 fripsideさん のボーカルです!

新ボーカルは、佐藤しず○ではなく、立花あ○でもなく、南條愛乃さんです。ラブライブの声優やってましたね。

私がfripsideを知ったときはまだボーカルはnaoさんで、声とかすごく好きだなぁとか思っていました。ですが、それから数ヵ月後にボーカルが変更になって落胆した記憶があります。このアルバムは、fripsideを脱退してからnaoさんが歌ったゲームのOPやEDが詰まったCDです。


収録曲は、以下の通りです。

1.ツクモノツキ
suger pot 『ツクモノツキ』主題歌
2.ぜっこーちょースパイラル!!GT
  ALL-TiME 『ぜっちょースパイラル!!』主題歌
3.Lunatic delusion
Lose 『ゴスデリ -GOTHIC DELUSION-』主題歌
4.咆哮! ド田舎ちゃんねる5
はむはむソフト 『ド田舎ちゃんねる5 ~こちら鈴音学園放送部~』主題歌
5.Summer Sunshine
mana 『ましろサマー』エンディングテーマ
6.シークレットミッション〜ホントの気持ち〜
ALL-TiME 『妹が僕を狙ってる』主題歌
7.シナリオ
<新曲>
8.木漏れ日フレネル
Alcot ハニカム 『1/2 summer』主題歌
9.Endless Field
Rosebleu 『Tiny Dungeon ~BRAVE or SLAVE~』主題歌
10.ColorlessSky.
<新曲>
11.ゆうかげ
はむはむソフト 『ド田舎ちゃんねる5 ~こちら鈴音学園放送部~』エンディングテーマ
12.笑顔のエレメンツ
Rosebleu 『Tiny Dungeon ~BIRTH for YOURS~』主題歌





↑アルバムの視聴ができます。


興味を持ちましたら、是非聴いてみて下さい!


では


Iris

微分されていない世界@札幌

こんにちは、Nanahuseです。

さてさて、今回は前回の続き
聖地巡礼 @ 札幌
をお送りいたします

行程2日目は飛行機の時間の関係上多くの場所を回れないことがわかっていたために札幌内にある2つの聖地に限定して回りました。

まわった作品は
Rewrite』、『魔法少女まどか☆マギカ

両作品ともに作品の基点となる街並みの聖地が札幌であるわけではないのですが
Rewrite』では頻繁に登場する「風祭中央公園」のデザインのモデルが
魔法少女まどか☆マギカ』では12話で登場するコンサート・ホールのデザインのモデルが札幌であることが分かったのでその2つをまわってきました。

まずは札幌に張り巡らされた三線ある地下鉄に土日の一日に限り乗り放題というお得な「ドニチカキップ」を購入。
地下鉄に乗り込み一路南北線の南端にある真駒内駅へ

そういえば、札幌の地下鉄は加速や減速が急なことで有名らしいですね。
いや、自分は鉄道にこれっぽっちも興味がない所為で知らなかったのですが、電車に詳しい人に教わりました。
確かに偶に乗るJRの電車より慣性が強かったような気が……

なんてことを思ってるうちに駅に到着、そこから「中央バス」に乗り込み目的地である石山緑地の最寄りバス停である「石山東3丁目」へ
バス停から歩くこと数分……

DSC_0163.jpg

到着(^O^)/
早速中に入って行くと――

DSC_0162.jpg
DSC_0166.jpg

何やらどこかで見たことある不思議な塔が
これって噴水みたいに水が流れ落ちてくるものなんですがCGからじゃわからないですよね
さて、Rewriteに登場する風祭中央公園の特徴と言ったらやはり、なぜかぐるぐるしたやつ
それがこちら

どんっ!

DSC_0164.jpg

なんとあのぐるぐるは水路だったのです
なにやら名前を「スパイラルスプリング」と言うらしいです。
訪れたのが夏、しかも休日だったこともあり多くの親子連れが水遊びをしている真っ最中でした
そんななか撮影していてうっかり不審者として通報されないかヒヤヒヤしていましたが背景の構図と同じ方向からも一枚撮影

DSC_0174.jpg

背景の構図ではやや俯瞰するようになっていたため撮影不可能でした
ラジコンヘリでも使って空撮すればとれるかも知れませんが……
「スパイラルスプリング」が全然見えませんね
しかし、上から見下ろした感じと合わせて考えればピッタリです
左奥に見えるとうもバッチリ当てはまりますし
でも、右奥の様子が少し違います
右奥の岩場も同じ緑地にあるということだったので少し奥まで行って探して見ることに

DSC_0177.jpg

「スパイラルスプリング」をこえて「沈黙の森」へ
なんて言うとかっこいい感じですがただ奥へと足を進めただけです
「スパイラルスプリング」は子どもたちの元気のいい声が響いて居ましたがすぐにある「沈黙の森」は名前にふさわしく静かでした。子どもたちの声が遠くに聞こえます。
木洩れ日の差し込む雰囲気の良い道が続きます
背景にやや似ているかな?
そんなことを思ってしまいなんかもううっかりそこら辺に小鳥が居るんじゃないかとワクワクしてました(笑)

道の先には

DSC_0183.jpg

多分この崖が背景右奥の岩場のモデルなのではないでしょうか?
反転したら良い感じになるかと

DSC_0167.jpg

水の湧き出る塔の近くに緑地のミニチュアがあったので撮影しておきました。
入り口が写真左端
公園のモデルとなっている場所が入り口から入ってすぐで写真左側
岩場は写真中央右側にある場所です
このミニチュアを見て分かる通り、緑地には他の場所もありますがそれは聖地巡礼には関係ないので後で紹介します


次なる目的地は『魔法少女まどか☆マギカ』で登場するコンサート・ホールのモデルとなっている「札幌コンサートホールKitara」
これが中島公園内にあるので中島公園まで移動です
石山緑地からバスに乗り真駒内駅から地下鉄に乗り換え「幌平橋駅」で下車
地上にあがるとそこはもう中島公園
駅から徒歩10分しないくらいで目的地「Kitara」に到着!

DSC_0210.jpg

外見は最終話でまどか達が避難している場所に雰囲気が似てる気がしなくもないです
しかし、モデルとなっているのはあくまでも中のホール
早速中へ――


と思ったのですがこの日は児童オーケストラの演奏会を行なっていたためエントランスに入るのもためらわれる状況
なんですごすご引き下がってとりあえず札幌駅に向かうために今度は「中島公園駅」へ
そこでなんと、
こんなものを見つけちゃいました

DSC_0214.jpg

「Kitara」のホール内のイメージ図です
まどマギのコンサートホールと比べるとかなりの一致度
実際に見られなかったのは残念ですが本当にモデルになっていたんだなということは確認でしたので良かったです

この後は飛行機の時間の関係上
アニメイトやとらのあな、メロンブックスにゲーマーズ、はたまたソフマップとかそういったお店をまわり今回の巡礼は終了
始めての聖地巡礼でしたが とても面白くまわることができ満足行く旅行となりました
今度は伊勢神宮へ行って『半分の月がのぼる空』の聖地巡礼でもしたい気分になりました

今回掛かった費用は
 真駒内駅⇔石山東3丁目(石山緑地最寄りバス停)のバス運賃 (片道)
  200円
 ドニチカキップ代(札幌地下鉄の土日限定乗り放題券)
  500円

 合計
  900円


最後に、今回の旅行で聖地巡礼には関係ない場所での写真をずらっと並べて終わろうと思います

小樽運河で見つけた鳥 人に慣れている用で手が届きそうになるまで近づいても逃げませんでした
DSC_0067.jpg

小樽運河で見つけたものその2 壁のレンガに書かれていた落書きなのですがわりかしクォリティが高くて思わずパシャリ 念の為に確認ですが落書きはダメですよ?
DSC_0075.jpg

小樽運河食堂内にあるお店で食べた海鮮丼 大変おいしゅうございました
2013_08_03_14_20_41.jpg

オルゴール堂近くの六花亭の販売店で食べた「雪やこんこ」 ぎがウマ
DSC_0103.jpg

水天宮へよる途中で見つけた階段 ただの階段けれど雰囲気が好きだったので撮影
DSC_0107.jpg

旭展望台で見つけた落書き 来て嬉しいのは分かりましたが落書きダメ絶対
2013_08_03_16_56_46.jpg

旭展望台で見つけた落書きその2 『星空のメモリア』関連以外の落書きも多くありましたがやはりメモリア関連の落書きが目を引きました
2013_08_03_16_54_50.jpg

背景に使われている岩場の足元の部分 なんか遺跡っぽい
DSC_0184.jpg

岩場の足元その2 自分はカリオストロの城を思い出しました
DSC_0192.jpg

石山緑地の奥側 なんかラピュタとかにありそうな光景だなあと
DSC_0202.jpg


フレラバ終わったー!

久しぶりです。Irisです。北海道旅行で疲れてたので更新できませんでした(笑)


昨日から夏の風物詩、甲子園が始まりましたね。大阪桐蔭の森君は去年もそう思いましたが、素晴らしい選手ですね。プロ志望届を出したら、競合待ったなし!ですわ。


あと、書くの忘れてたのですが、10日前、予約していた

『天色*アイルノーツ』 を取りにいってきました!

アイルノーツ(↑予約特典です。)

いつも思うのですが、色紙は管理が難しいです・・・。売っちゃおっかなぁ。

ゆずソフトの作品はここ3作連続でやっているので、惰性と絵狙いで買いましたが、なんか今作はネットでの評判が良くないようですね。シナリオがなんとかかんとかとか・・・。個人的には「ゆず」にはシナリオは期待してないので、絵が良ければそれでいいですが。


では、早速本題。

3日前のことですが、『フレラバ』をクリアしました!

実はこれで、私、Irisが全クリした40本目のergなんですね。どうでもいいですが、調べてみたら、30本目は『Clover Point』(Meteor)、20本目が『のーぶる☆わーくす』(ゆずソフト)、10本目は『幼馴染との暮らし方』(ハイクオソフト)らしいです。懐かしいなぁ。


話が脇に逸れましたが、早速レビューを書きたいと思います。

まずはネタバレなしレビューから・・・と思いましたが、よく考えてみると、このゲームはネタバレとかほとんど関係ない系のゲームでした(笑)

ということで、レビュー。

フレラバ』は、前々作『ラブラブル』と基本的には似たような、イチャラブにした特化したキャラゲーです。すが、今作はシステムが若干が変更されていて、少し作業ゲーっぽくなっています。ここが少しハードルになってますが、これを超えると前作以上のイチャラブを楽しめます。

私自身、最初は、選択肢はいちいちセーブ&ロードを駆使して全部読むようにしていましたが、だんだん面倒になってきたのと、制作陣は一々戻ることを期待して作った訳ではないと悟ったので、「Friend パート」の選択肢は全部直感で適当に選んで、「アカン、間違えた」とか言って戻らずにやって楽しみました。

共通ルートは、相変わらずギャグも面白く、主人公もよかったです。(でもギャグは『ラブラブル』の方が面白かったかも)

「Lover パート」は、前作以上のイチャイチャで非常に楽しめました!ハズレだと思っていた ゆずゆ も、終わってみたらいいキャラじゃんと思い始め、そこそこ期待していた 理奈 と 岬 も期待を超えるイチャラブで楽しませてくれました。最も期待していた陽茉莉も、期待を裏切らないシナリオで、ニヤニヤでした。

全体的によい作品でしたが、気になった点も指摘するとしたら、絵と声でしょうか。絵に関しては、立ち絵はともかく、CGは時々乱れた所が見られた気がしました。ですが、そこまでは気になりませんでした。声に関して、序盤の方ですが、理奈などの声が若干遠く感じられました。録音環境のせいなのか、声優の技能のせいなのか知りませんが、そこは結構気になりました。

そんな『フレラバ』の評価ですが 『 A- 』といったところでしょうか。「ころげて」や「ラブラブル」と同程度の評価です。(Nanahuseに文句言われそうww)


以上です。

『フレラバ』は、店舗では人気のようで、7月に回ってみた5店の内、新品売っていた店がなくて、ビックリした記憶があります。予約しておいて良かったー。


※※


それで、次のゲームを始めました!

それは・・・

『いろとりどりのセカイ WORLD'S END COMPLETE』

です。

ちょっとやり始めてみましたが、最初のところが?な感じでしたが、だんだん面白くなってきたように感じます。このまま一気にやってしまおうかなと思います。

では。


Iris

微分されていない世界@小樽

こんにちは、Nanahuseです。
早速ですが、今回は特別企画!

※品評会は2回目の収録?の際に2人の意見の相違があったため続きはお蔵入りしてしまいました(´・ω・`) ごめんなさい。
 今後またチャレンジしたいとおもいます。


私、Nanahuseと相方のIrisで北海道まででしゃばり聖地巡礼なるものをしてみました。
今回巡ってみたのは小樽及び札幌の聖地!
作品としては
星空のメモリア』を中心に『魔法少女まどか☆マギカ』、『Rewrite

今日は行程1日目の小樽での巡礼を紹介したいとおもいます。

小樽
 札幌駅から9:31発のいしかりライナーに乗って小樽へ
 10:10に『小樽駅』に到着しました!
 駅からでて早速

DSC_0063.jpg
pn4.png

駅舎の形は同じですが駅前の風景が大きく違いました。
駅に対面しての左手の方向にある景色が背景に近いらしいのですが写真を撮り忘れました……m(__)m
でもこれはこれでいいもんですよね


駅からまっすぐ伸びた道を進んで行ってまずは『小樽運河』へ

DSC_0070.jpg

行ったのが土日だったんで人の山だらけでしたがちょっと歩いて人のいないところでパシャリ。
背景っぽいスポットを2つ発見したんですがどちらかわからず両方撮ってみました。特に下の写真は観光客がとても多くほとんど人を入れずに撮れた奇跡的な写真です。

DSC_0073.jpg
DSC_0077.jpg
pn8.png


運河沿いを通って今度は『小樽総合博物館本館』へと足を運びました。

DSC_0081.jpg
DSC_0085.jpg
pn9.png


 外観は全然ちがいますが中ではプラネタリウムをやっています。
 中心部からやや離れているだけあってほぼ観光客を見かけませんでしたが定員33人の小さなプラネタリウムは満員でした。夏休みで子供が多くてうるさい賑やかだったのはご愛嬌。
 展示は鉄道関係のものが特に多くラッセル車や転車台にはIrisを放っておいて一人で大興奮でした。
 博物館というものに行ったのはそれこそ小学生や中学生以来のことだったのでエロゲが当たり前にできるような年齢になってからは初めて行きました。昔はただすげーなとか思っていただけですが大きくなって知識が増えたお陰でまた違った楽しみ方ができるようになったためか凄く楽しむことが出来ました。

 博物館を出て運河沿いをまたもや通って『小樽オルゴール堂』の方へ
 知らなかったのですが『小樽オルゴール堂』という名前を冠するオルゴール屋は道を挟んで向かいくらいの位置に二件ありました。
 とりあえず両方行ってみたのですがどっちが探していたオルゴール堂かはわかりませんでした。

DSC_0095.jpg
DSC_0100.jpg
pn10.png


 やはり土日効果で店内は人だらけだったので店内の風景は撮影しませんでしたが
 カレイドオルゴールが販売しているのを見つけたので店員さんに確認をとって撮影。
 手のひらに乗るようなサイズのモノだったのですが思ったより高くてΣ(´∀`;)
 勢いで買えるほどお金を持っていなかったため購入はできませんでした(泣)

DSC_0098.jpg
pn7.png


 『小樽オルゴール堂』を出てお次は『小樽市総合体育館』へ
 体育館へと登る坂道が通学路の坂道の元になっているということだったので……
 歩かなきゃ意味が無い! と2人の意見が一致して歩いて向かいました。
 いや、歩き始めてすぐ後悔しましたが
 小樽オルゴール堂付近から体育館への道のりは坂坂坂。
 Googleマップで適当に調べた道を通って行ったため高低差がまったく考慮されておらず20%の坂なんてものも登りました。
 でも、怪我の功名といいますか、不幸中の幸いと言いますか途中であるものを発見することが出来ました

DSC_0118.jpg

 当初は立ち寄る予定のなかった『水天宮』です。
 おそらくこももやこさめ達の住んでいる『星天宮』の名前のモデルとなったであろう場所。
 建物のモデルは『小樽稲荷神社』と言われていますので建物は関係ないですがせっかくなのでお参りへ

DSC_0116.jpg
DSC_0112.jpg
DSC_0114.jpg
pn6.png

 何やら重機が止まっていて改築の準備をしていたようでした。
 けれど高い開けた場所にあったため良い見晴らしでした。

 そんなわけで寄り道をしつつ、ついに『小樽市総合体育館』へ

DSC_0122.jpg
 着いたのですが、あの通学路を通れなかった(´・ω・`)
 いろいろ考えた挙句
 山の反対側の道がそうでないかと思い行ってみたらドンピシャ。
 
DSC_0126.jpg
pn1.png


 2人で歩いて下って軽くヒバリ校生気分を味わいました。

 ここいらで2人の体力が限界に近づいたため(主に昼食を食べる店を決めるためにさまよった所為と体育館への道が尋常じゃなく坂だったため)
 タクシーを拾って『旭展望台』へと向かいました。
 『旭展望台』へだけ行くという客は少ないらしくタクシーの運転手さんにやや不審がられながらも展望台へと到着。
どこかで見慣れたような坂を登って行くと……

DSC_0127.jpg
pn5.png
DSC_0153.jpg

はい、到着

DSC_0133.jpg
pn2.png

 実際の展望台の建物はCGとは大きく違いましたがタクシーから降りてからの短い坂は本当に似ていました。
 また、展望台の雰囲気も凄く良いものでした。
 見晴らしもよく、もっと天気が良かったらと悔やまれるばかりでした。
 一番残念だったのはまだ日が高かったためかメアが居なかったことですが(笑)
 この日最後の巡礼にふさわしい場所でした。
 今度は夜におとずれてみたいです。

DSC_0137.jpg
DSC_0144.jpg
pn3.png


さて、1日目の小樽はここまでで終了です。
『星空のメモリア』ずくしの小樽観光になりました。
とても充実して楽しかったです。
普段運動しないのに歩きまわった所為で足が棒になってしまいましたがそれもそれ
レンタサイクルとかを使えばもっと快適にまわれたかなというのが反省でした。


今回掛かった費用は
 札幌⇔小樽間の電車賃(片道)
  620円
 小樽総合博物館の大人一人の入場料
  400円
 体育館付近→旭展望台(観光中待っててもらう)→小樽駅でのタクシー代
  2020円

 合計
  3660円


後日、2日目の札幌での巡礼を紹介したいとおもいます。

小樽で回った場所のマップ

より大きな地図で 星空のメモリア聖地巡礼 を表示
プロフィール

ややさん@頑張らない

Author:ややさん@頑張らない
 
このブログのは
Iris :TCGが好き系オタク
Nanahuse :PCが好き系オタク

の二人の提供でお送りしております

ゲームレビューまとめはこちらからどうぞ

*相互リンク募集中です。コメント欄などで一言かけてもらえると嬉しいです。
ブロともなども気軽にどうぞ。
*リンクフリー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
TCG (8)
ついった
フリーエリア
ピュア×コネクト アストラエアの白き永遠 応援中!! ALcot『Clover Day's』応援中!
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。