FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天変地異コントロール】1407制限改訂版【遊戯王】

こんにちは、Irisです。

久々の更新ですね、調べてみたら3週間ぶりでした。私Irisとしては、8月に入ってから初めての投稿みたいです。

最近は、ちょこっとだけエロゲを進めました。この話題はまた後日お話いたします。

今日の話題は、遊戯王です。エロゲの話題を楽しみにしていた方はすみませんm(._.)m

興味のある方は 続きを読む よりどうぞ。



遊戯王は、今年の3月以来、およそ5ヶ月ぶりにやったのですが、結構環境がかわっていました。また、知らないカードが増えていてビックリしました。

私は現在、【天変地異コントロール】のデッキしか持っていません。このデッキは、特殊なのでなかなか強化されにくいのですが、最近の弾で結構面白いカードが出ていました。

それは、 《エッジインプ・シザー》 と 《番犬-ウォッチドッグ》 です。

《エッジインプ・シザー》
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1200/守 800
「エッジインプ・シザー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
手札を1枚デッキの一番上に戻して発動できる。
このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

《番犬-ウォッチドッグ》
効果モンスター
星1/炎属性/炎族/攻 0/守 0
「番犬-ウォッチドッグ」の効果は1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功したターンのメインフェイズ2に
手札の魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから永続魔法カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。


この2枚について考察したいと思います。

《エッジインプ・シザー》 は、テキストを見れば分かる通り、墓地に送られて初めて効果が発揮されるカードです。 【天変地異】では、墓地に落としたいカードは、トリックデーモンがまず優先であり、その次に何を落とすかという問題があります。
私の構築では、墓地に送られて効果を発揮するカードは、要となるトリックデーモン以外だと、他に、ゾンビキャリアとゼピュロスが存在します。
《エッジインプ・シザー》は、役割的には、この2枚と被ります。しかし、《エッジインプ・シザー》は、この2枚とは以下の3つの点において差別化できます。
①闇属性悪魔族レベル3ということでガイドで呼べる
②墓地にいる限り何度でも効果が使える
③レベル3である

①は、大きなメリットです。終末の騎士が制限になった今、先に挙げた2枚は、それ以外で安定してデッキから落とすことができません。しかし、3枚入れられるガイドで呼び出せるということで、4枚体制で墓地に送ることができます。ただし、他の2枚同様、回す上ではトリックデーモンが優先されます。

②は、地味に大きな効果です。確かにこのデッキでは、その効果を何度も使うということはほとんどありません。しかし、1度使ったあと、墓地の闇の枚数の調節をまたできるのは時々大きく役立ったりします。また、デーモンの宣告ばかり来て天変地異が来ないときには強いです。

③は、レベル3が多いデッキではゼヒュロスよりは優位に働きます。

しかし、いくつかデメリットがあります。

①コストが必要
②終末から1枚で動けない

が挙げられます。②は結構痛いですが、終末が制限になった今、多少はマシだと思います。

まとめると、墓地に落としたいカードは、トリックデーモンがまず優先。次に落とされる候補は、エッジインプ・シザーとゼヒュロスとゾンビキャリアがある。それぞれ、メリットデメリットはあるが、採用する価値はある。ということです。

では、次。

《番犬-ウォッチドッグ》 は、天変地異をメイン2でセットできるカードです。天変地異をすぐに手元に持ってくる効果は確かに強いですが、コストが必要な点、貴重な召喚権を喰う点、ステータスが貧弱であり、またシンクロもエクシーズもしづらい点があり、あまり採用するメリットはない気がします。一度実際に入れて回してみましたが、剛健からの流れは強いと思いましたが、デーモンの宣告をコストとすると、逆に手札が天変地異だけになり、余計動き辛くなるといったことがしばし起こりました。なので採用はしません。




では、今回(7月)の制限改訂とカードプール増加を受けて、デッキレシピを公開したいと思います。

【天変地異コントロール】
モンスター:19枚
1《エッジインプ・シザー》
2《トリック・デーモン》
3《魔界発現世行きデスガイド》
2《リチュア・ディバイナー》
1《終末の騎士》
1《BF-精鋭のゼピュロス》
2《ダーク・アームド・ドラゴン》
1《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
2《エフェクト・ヴェーラー》
3《深海のディーヴァ》
1《ゾンビキャリア》

■魔法:13枚
2《強欲で謙虚な壺》
1《死者蘇生》
1《ブラック・ホール》
2《サイクロン》
1《堕落》
3《デーモンの宣告》
3《天変地異》

■罠:8枚
2《強制脱出装置》
2《激流葬》
2《奈落の落とし穴》
1《神の警告》
1《神の宣告》

■エクストラデッキ:15枚
1《A・O・J カタストル》
1《マジカル・アンドロイド》
1《超念導体ビヒーマス》
1《獣神ヴァルカン》
1《えん魔竜 レッド・デーモン》
1《氷結界の龍 トリシューラ》
1《ガチガチガンテツ》
1《機装天使エンジネル》
1《虚空海竜リヴァイエール》
1《発条機雷ゼンマイン》
1《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》
1《鳥銃士カステル》
1《No.101 S・H・Ark Knight》
1《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》
1《励輝士 ヴェルズビュート》


今回も、遊戯王☆カード検索様の方にも投稿しておきましたので、ADSなどで回したい方、どうぞ。(→こちら

エクストラはお好みで変えてください。ランク4はほとんど出ないので、《励輝士 ヴェルズビュート》を、もう一枚《発条機雷ゼンマイン》に変えた方がいい気がしています。

前回との変更点は、《闇の誘惑》と《エフェクト・ヴェーラー》と 《終末の騎士》と《サイクロン》 を1枚ずつ抜き、安定性のために《強欲で謙虚な壺》 を2枚と、新たな動きのために《エッジインプ・シザー》を1枚と、《リチュア・ディバイナー》 を1枚追加したことです。

今のところ調整中なのは、 《BF-精鋭のゼピュロス》 と《サイクロン》 と《堕落》 の枚数です。《BF-精鋭のゼピュロス》が抜くことは視野にはあります。その場合ランク4エクシーズが根こそぎ抜けます。それは考えもの・・・。

各カードの採用理由などは、以前の記事を参照してください。

今回は以上です。何か質問や意見などがありましたら、コメントやTwitterからお願いします。


では。

Iris
スポンサーサイト

テーマ : 好きな事なんでも!
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ややさん@頑張らない

Author:ややさん@頑張らない
 
このブログのは
Iris :TCGが好き系オタク
Nanahuse :PCが好き系オタク

の二人の提供でお送りしております

ゲームレビューまとめはこちらからどうぞ

*相互リンク募集中です。コメント欄などで一言かけてもらえると嬉しいです。
ブロともなども気軽にどうぞ。
*リンクフリー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
TCG (8)
ついった
フリーエリア
ピュア×コネクト アストラエアの白き永遠 応援中!! ALcot『Clover Day's』応援中!
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。