スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『きっと、澄みわたる朝色よりも、』 感想

お久しぶりです。Irisです。

定期更新の時間ですね♪

実はこれは結構前に書いていたですが、更新間隔を整えるために敢えてちょっと遅らせてあげています。




さて、今日は、タイトル通り、エロゲの感想です。

先日、『きっと、澄みわたる朝色よりも、』(通称、朝色)をクリアしました。今年1本目のエロゲクリアとなります!ェ…

公式サイト→こちら

朝色は、2009年7月発売の作品で、もう5年以上前の作品となります。私は、この作品の内容を4年くらい前に知ってしまっていて、本当ならプレイするつもりはあんまりなかったのですが、Nanahuseのお気に入りのゲームということで、1度は自分でクリアしなければ!と思い、プレイしました。

今年1本目のエロゲということで、感想を書くのも今年初なのですが、一念発起して書いてみようと思います。

その前にまず、朝色の紹介とネタバレなし感想を書きたいと思います。

まず、紹介。この作品は、「秋」をモチーフとした作品です。エロゲの中では、「秋」をモチーフにしたエロゲは他の季節に比べて非常に少ないと感じます。エロゲー批評空間の「秋ゲー」のタグの付いた作品を見ても、ラインナップがあまりパッとしません(失礼)。その中でこの作品は、「秋ゲー」の代表格と言える作品ではないでしょうか。

それと、もうひとつ。この作品は、人によって評価がかなり割れやすい作品だと思います。私が思うに、この作品の序盤があまりパッとしないからなのが原因だと思うのですが、やはり合う合わないがありそうなので、購入を検討してる方は注意が必要かもしれません。

では、評価と感想です。

私の評価は、「 B- 」です。(他に「B-」をつけた作品として、『Rewrite』『鬼ごっこ!』『素晴らしき日々』があります。)

この作品は、確かに序盤はあまり面白くないが中盤からは非常に引き込まれる作品です。ご都合主義に感じるところもありますが、物語としてはよくまとまっていて、伏線もちゃんと回収されていました、多分。知的な感じが好きです。

では、ネタバレあり感想に入りたいと思います

プレイした方、全くプレイする予定のない方は、続きを読む よりどうぞ。





(※以下、ネタバレ注意※)


この作品は、序盤が結構退屈でなかなか進みませんでした。しかし、途中、「病気」が流行りはじめてからは面白くなってきて、どうなるんだろうと思ったら引き込まれて一気にプレイした感じでした。

私は、途中に前世が絡む話が出てきたところで、「前世モノ」かよー、少し萎えたのですが、読み進めていくうちに、キャラゲーにありそうな単純な安易な前世モノではなく、全体の設定まで考えられた前世モノであると感じました。

最後の笹丸くんは、カッコ良かったです。序盤の鈍感さはかなりイライラしますね。

ヒロインに関して。どのキャラも魅力的でした。私としては、ひよの貞淑なところが好きです(笑)アララギも良いキャラでした。ビジュアル的には一番好きです。春告は、カッコ良かったです。


アララギ可愛い。有栖川みや美さんの声もハマってる。

音楽は非常に良かった。主題歌もエンディングも良かった。WHITE-LIPSさんの声好きだわ。

このゲームは演出も素晴らしかった。実はこれが一番の売りな気がしてくるくらい。


※※


この作品のテーマは、「優しさとは何か」ということでした。




優しさとは痛みを伴うものです。そうだと実感している人は恐らく少ないですが、多くの人はなんとなくわかっていると思います。

この作品では、『優しさとは、「先天的に備わっているもの」なのか、「経験で獲得していくもの」なのか』という問いに対して、前者を信じる笹丸くんと、後者を信じる若さんとの対立を中心に描かれています。

その中で、夢見鳥学園という舞台装置で、優しさに伴う痛みが明らかなもの、実感できるものに変わった時、人間は優しさを持ち続けることができるのかについて、「病」というものを用いて実際にやってみた。という話でした。例えば、もし優しさを経験的に獲得したならば、痛みが伴うのなら優しくできなくなる(←必ずしもそうとは言えないと思うけど)と考えられます。若さんはそう考えていました。しかし、もし優しさが先天的に備わっているのなら、そのような状況でも人間は優しくできると笹丸くんは考えていました。そして結局、笹丸くんの方が正しいね、人間は優しさが先天的に備わっているね、という話でした。

私の考えとしては、確かに、笹丸くんの言っていることも正しいと思います。一見、優しさがない(見えない)人間も引き出せば優しさはある、つまり、どんな人間も先天的に優しさが備わっていると考えるのは不思議なことではありません。しかし、そのような場合、もし経験的に獲得した場合でも同じことが言えるのではないかと思います。仲間が引き出すのも「経験する」のも、経験することには変わりないと私は考えます。
ただ、前言撤回のようでなんですが、人間は先天的に優しさを持っていないというのは思いません。うーん、難しい。テーマとしてはすごく面白いと思います。

結局、私個人としては、優しさってよく分からないまま終わってしまいました。この作品の中で優しさの議論はいくつかされているので、興味のある方は是非プレイしてみてください(投げやり)


それで、評価の方ですが、序盤の面白さと主人公に対するイライラなどを考慮して、
B- 」としたいと思います。


今回はこんな感じでしょうか。久々に、いや初めてまともな長文感想書いた気がします。

では


Iris
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。

初めまして、てるりん♪と申しますー。

良い作品ですよね。
このようなご都合的な優しさを描いた世界もありかなーって思います。

後、よろしければ相互リンクよろしくお願いいたします~。

Re: 初めまして。

はじめまして、Irisと申します。

コメントありがとうございます。

確かに、こんな優しさもありですよね…。


相互リンクありがとうございます。当ブログにリンクを作っておきました。

今後ともよろしくお願いします。


Iris
プロフィール

ややさん@頑張らない

Author:ややさん@頑張らない
 
このブログのは
Iris :TCGが好き系オタク
Nanahuse :PCが好き系オタク

の二人の提供でお送りしております

ゲームレビューまとめはこちらからどうぞ

*相互リンク募集中です。コメント欄などで一言かけてもらえると嬉しいです。
ブロともなども気軽にどうぞ。
*リンクフリー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
TCG (8)
ついった
フリーエリア
ピュア×コネクト アストラエアの白き永遠 応援中!! ALcot『Clover Day's』応援中!
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。