スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超スローボールは「ナメてる」のか?

こんばんは、Irisです。


現在、夏の甲子園が行われていますね。私は、実はあまり観ていなのですが、ニュースはちょくちょくチェックしています。

その中で、最近話題となっていたのが、東海大四高校の投手、西嶋投手の「超スローボール(超スローカーブ)」でした。

超スローボールの写真は→こちら(毎日新聞さん)よりどうぞ


そんな、超スローボールを投げ、観衆を沸かせた西嶋くんの夏が、今日で幕を閉じました。

9回まで両チーム無失点だったが、10回表に味方の失策から2点を失い、結局0-2で敗れてしまいました。

私個人としては、もっと見たかったので残念でした。


彼の投じた「超スローボール」は、今までの甲子園の長い歴史の中でも投げた投手は(ほとんど)おらず、非常に話題となりました。その中で、ある元アナウンサーがTwitterに、「こういうことをやってると、世の中をなめた少年になっていきそうな気がする」と発言したことが、物議を醸しました。

この問題について私なりに意見を述べたいと思います。

読んで頂ける方は 続きを読む よりどうぞ。






私としては、確かに、このアナウンサーが言うように、「超スローボール」が嘗めているというように考える(←重要)ことは、決しておかしな感覚ではないと思います。

この「超スローボール」が他の投球と違うのは、彼が全力で投げているように見えない、つまり手を抜いていると見受けられやすい投球だということです。甲子園という、夢の舞台の中で、そのように、人によっては「全力」に見えないようなものは、一部の人には不快に思えるかもしれません。そのボールがもし彼が全力で投げていたとしても、一部の観ているが不快感を覚えるのは事実ですし、わからなくもないです。

しかし、その一方で、彼のインタビューでも分かる通り、彼は別に打者を嘗めていたから投げた訳ではありません。彼は「場の雰囲気(流れ)変え、観衆を味方につける」という意図を持って投げていました。実際に、甲子園でも、彼の超スローボールによって観衆の雰囲気が変わりました。 私個人としては、高校生にして、場の雰囲気や観衆といった干渉しにくいものを動かそうとするのはすごいことだと思いますし、実際に狙って動かせたことは称賛に値すると思います。

また、あの「超スローボール」を実践で使うためには、ダルビッシュ投手や多田野投手も言っていますが、相当の練習が必要になります。また、このボールは、もし狙われていた場合、非常にリスクの高い投球となり、相当の勇気が必要です。しかも、それを甲子園を投げるにはどれだけの勇気が必要でしょうか。

このように、その映像や姿をみることでは嘗めていると捉えられかねないものも、その裏にある意図や事実を知ることで、嘗めてるとは考えづらくなります。

ですが、「嘗めてるかどうか」というのは、観る人が決めるものです。

この「超スローボール」の話題に対して、なんとなくモヤモヤを覚えてた人も、それは決して間違った感覚ではないと私は考えます。


とりあえず言えることは、Twitterで呟いたものは、(鍵をかけない限り)全世界に発信されます。居酒屋での会話とは違うのです。発言には責任も持ちましょう。(私が言えることではないですが・・・)




とりあえず考えてたことを文章に起こしてみました。文章を書くのは非常に苦手なのですが、人生の中の必要な練習ということで、とりあえず書いてみました。文章の間違いや意見や質問のある方はコメント欄よりよろしくお願いいたします。

では

Iris
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

今年の甲子園でこんな投手がいたんですね(驚)

動画を見ましたが、相当練習をしていないとできないでしょうね。
(動画では途中でバウンドしたりせず、キレイにキャッチャーミットに納まっていました)

野球は詳しくないのでわかりませんが、意外性があって面白いと思います。

Re: はじめまして

はじめまして。Irisです。

コメントありがとうございます。

そうなんです。意外性があって面白いですよね。こういう選手が今後も出てきて、甲子園を沸かせてほしいと思います。

話は変わりますが、*takさんのブログを拝見させていただきました。遊戯王やポケモンなど、自分にとって興味深い話題がたくさんあって面白いと感じました。今後もチェックさせていただきますね。

では

Iris

> 今年の甲子園でこんな投手がいたんですね(驚)
>
> 動画を見ましたが、相当練習をしていないとできないでしょうね。
> (動画では途中でバウンドしたりせず、キレイにキャッチャーミットに納まっていました)
>
> 野球は詳しくないのでわかりませんが、意外性があって面白いと思います。
プロフィール

ややさん@頑張らない

Author:ややさん@頑張らない
 
このブログのは
Iris :TCGが好き系オタク
Nanahuse :PCが好き系オタク

の二人の提供でお送りしております

ゲームレビューまとめはこちらからどうぞ

*相互リンク募集中です。コメント欄などで一言かけてもらえると嬉しいです。
ブロともなども気軽にどうぞ。
*リンクフリー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
TCG (8)
ついった
フリーエリア
ピュア×コネクト アストラエアの白き永遠 応援中!! ALcot『Clover Day's』応援中!
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。