FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微分されていない世界@小樽

こんにちは、Nanahuseです。
早速ですが、今回は特別企画!

※品評会は2回目の収録?の際に2人の意見の相違があったため続きはお蔵入りしてしまいました(´・ω・`) ごめんなさい。
 今後またチャレンジしたいとおもいます。


私、Nanahuseと相方のIrisで北海道まででしゃばり聖地巡礼なるものをしてみました。
今回巡ってみたのは小樽及び札幌の聖地!
作品としては
星空のメモリア』を中心に『魔法少女まどか☆マギカ』、『Rewrite

今日は行程1日目の小樽での巡礼を紹介したいとおもいます。

小樽
 札幌駅から9:31発のいしかりライナーに乗って小樽へ
 10:10に『小樽駅』に到着しました!
 駅からでて早速

DSC_0063.jpg
pn4.png

駅舎の形は同じですが駅前の風景が大きく違いました。
駅に対面しての左手の方向にある景色が背景に近いらしいのですが写真を撮り忘れました……m(__)m
でもこれはこれでいいもんですよね


駅からまっすぐ伸びた道を進んで行ってまずは『小樽運河』へ

DSC_0070.jpg

行ったのが土日だったんで人の山だらけでしたがちょっと歩いて人のいないところでパシャリ。
背景っぽいスポットを2つ発見したんですがどちらかわからず両方撮ってみました。特に下の写真は観光客がとても多くほとんど人を入れずに撮れた奇跡的な写真です。

DSC_0073.jpg
DSC_0077.jpg
pn8.png


運河沿いを通って今度は『小樽総合博物館本館』へと足を運びました。

DSC_0081.jpg
DSC_0085.jpg
pn9.png


 外観は全然ちがいますが中ではプラネタリウムをやっています。
 中心部からやや離れているだけあってほぼ観光客を見かけませんでしたが定員33人の小さなプラネタリウムは満員でした。夏休みで子供が多くてうるさい賑やかだったのはご愛嬌。
 展示は鉄道関係のものが特に多くラッセル車や転車台にはIrisを放っておいて一人で大興奮でした。
 博物館というものに行ったのはそれこそ小学生や中学生以来のことだったのでエロゲが当たり前にできるような年齢になってからは初めて行きました。昔はただすげーなとか思っていただけですが大きくなって知識が増えたお陰でまた違った楽しみ方ができるようになったためか凄く楽しむことが出来ました。

 博物館を出て運河沿いをまたもや通って『小樽オルゴール堂』の方へ
 知らなかったのですが『小樽オルゴール堂』という名前を冠するオルゴール屋は道を挟んで向かいくらいの位置に二件ありました。
 とりあえず両方行ってみたのですがどっちが探していたオルゴール堂かはわかりませんでした。

DSC_0095.jpg
DSC_0100.jpg
pn10.png


 やはり土日効果で店内は人だらけだったので店内の風景は撮影しませんでしたが
 カレイドオルゴールが販売しているのを見つけたので店員さんに確認をとって撮影。
 手のひらに乗るようなサイズのモノだったのですが思ったより高くてΣ(´∀`;)
 勢いで買えるほどお金を持っていなかったため購入はできませんでした(泣)

DSC_0098.jpg
pn7.png


 『小樽オルゴール堂』を出てお次は『小樽市総合体育館』へ
 体育館へと登る坂道が通学路の坂道の元になっているということだったので……
 歩かなきゃ意味が無い! と2人の意見が一致して歩いて向かいました。
 いや、歩き始めてすぐ後悔しましたが
 小樽オルゴール堂付近から体育館への道のりは坂坂坂。
 Googleマップで適当に調べた道を通って行ったため高低差がまったく考慮されておらず20%の坂なんてものも登りました。
 でも、怪我の功名といいますか、不幸中の幸いと言いますか途中であるものを発見することが出来ました

DSC_0118.jpg

 当初は立ち寄る予定のなかった『水天宮』です。
 おそらくこももやこさめ達の住んでいる『星天宮』の名前のモデルとなったであろう場所。
 建物のモデルは『小樽稲荷神社』と言われていますので建物は関係ないですがせっかくなのでお参りへ

DSC_0116.jpg
DSC_0112.jpg
DSC_0114.jpg
pn6.png

 何やら重機が止まっていて改築の準備をしていたようでした。
 けれど高い開けた場所にあったため良い見晴らしでした。

 そんなわけで寄り道をしつつ、ついに『小樽市総合体育館』へ

DSC_0122.jpg
 着いたのですが、あの通学路を通れなかった(´・ω・`)
 いろいろ考えた挙句
 山の反対側の道がそうでないかと思い行ってみたらドンピシャ。
 
DSC_0126.jpg
pn1.png


 2人で歩いて下って軽くヒバリ校生気分を味わいました。

 ここいらで2人の体力が限界に近づいたため(主に昼食を食べる店を決めるためにさまよった所為と体育館への道が尋常じゃなく坂だったため)
 タクシーを拾って『旭展望台』へと向かいました。
 『旭展望台』へだけ行くという客は少ないらしくタクシーの運転手さんにやや不審がられながらも展望台へと到着。
どこかで見慣れたような坂を登って行くと……

DSC_0127.jpg
pn5.png
DSC_0153.jpg

はい、到着

DSC_0133.jpg
pn2.png

 実際の展望台の建物はCGとは大きく違いましたがタクシーから降りてからの短い坂は本当に似ていました。
 また、展望台の雰囲気も凄く良いものでした。
 見晴らしもよく、もっと天気が良かったらと悔やまれるばかりでした。
 一番残念だったのはまだ日が高かったためかメアが居なかったことですが(笑)
 この日最後の巡礼にふさわしい場所でした。
 今度は夜におとずれてみたいです。

DSC_0137.jpg
DSC_0144.jpg
pn3.png


さて、1日目の小樽はここまでで終了です。
『星空のメモリア』ずくしの小樽観光になりました。
とても充実して楽しかったです。
普段運動しないのに歩きまわった所為で足が棒になってしまいましたがそれもそれ
レンタサイクルとかを使えばもっと快適にまわれたかなというのが反省でした。


今回掛かった費用は
 札幌⇔小樽間の電車賃(片道)
  620円
 小樽総合博物館の大人一人の入場料
  400円
 体育館付近→旭展望台(観光中待っててもらう)→小樽駅でのタクシー代
  2020円

 合計
  3660円


後日、2日目の札幌での巡礼を紹介したいとおもいます。

小樽で回った場所のマップ

より大きな地図で 星空のメモリア聖地巡礼 を表示
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

小樽かぁ…他には「真夏の夜の雪物語」という作品でも、そこが舞台だったはずですね。
たぶん…。

そう言えば一度行ったことがあったなぁ…。
運河も見覚えはあるのですが、オルゴール館とか少し見覚えがあるかも。

なかなか忘れない物ですね。

Re: No title

コメントありがとうございます。
Nanahuseです。
『真夏の夜の雪物語』やったことなかったので気になって調べてみましたが……背景のCGがまさに小樽で見てきた通りな絵でした。
ちょうど写真を撮影した場所ですね!
構図もほぼ一緒みたいです。


自分たちも前に一度だけ小樽を訪れたことがあってなんか懐かしいとか言いながらまわってました。
訪れたのは数年前。
ほんとに忘れないものですね。
プロフィール

ややさん@頑張らない

Author:ややさん@頑張らない
 
このブログのは
Iris :TCGが好き系オタク
Nanahuse :PCが好き系オタク

の二人の提供でお送りしております

ゲームレビューまとめはこちらからどうぞ

*相互リンク募集中です。コメント欄などで一言かけてもらえると嬉しいです。
ブロともなども気軽にどうぞ。
*リンクフリー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
TCG (8)
ついった
フリーエリア
ピュア×コネクト アストラエアの白き永遠 応援中!! ALcot『Clover Day's』応援中!
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。